認定講習会実施概要

認定講習会の日時・場所

認定講習会日時:令和元年11月2日(土)、3日(日)

実施会場:東京(会場は後ほどご連絡致します)

初日

開場:12:30

(1)13:00~14:45

(2)15:00~17:00

二日目

開場:9:30

・10:00~16:00

小論文:16:00~17:00

受験資格

どなたでも受験できます。

各種費用とお支払い方法

認定講習会 48,600円(消費税込み)

<合格後>

登録手数料として、10,800円<税込>

資格更新費用  20,000円(2年更新)

お振込先口座  

千葉興業銀行 東京支店(920)普通 1057373

一般社団法人 全国空き家流通促進機構

大変恐れ入りますが、振込手数料は御振込者負担とさせて頂きますので、予めご了承下さい。

また、会社名でお振込の際は、お問い合わせフォームから会社名と個人名をお知らせ下さい。

手続き

STEP 1

講習は一日で完結いたします。

STEP 2

<講習会費用のお支払い>

受講料:空き家再生診断士認定講習会 48,600円(税込)

STEP 3

<講習の受講>

空き家再生診断士認定講習(5時間)に参加し、一定水準以上の成績を収めた者が資格認定されます。レポート(小論文)の成績により、再提出を求められることがございます。

STEP 4

<合否の連絡>

受講後、一か月以内に合否の連絡をいたします。

合格者には修了証と登録証用書式をお送りいたします。

STEP 5

<空き家管理士登録証の発行手続き>

空き家再生診断士認定講習を修了し、空き家再生診断士としての行動準則を承認された方は、一般社団法人 全国空き家流通促進機構の空き家再生診断士として正式に登録致されます(登録手数料として、10,800円<税込>がかかります)。

STEP6

<実務研修の実施>

希望される資格者に現場実務研修を行います。

カリキュラム

第1回 空き家再生診断士 資格認定講習会

講習会初日:2019年11月2日(土)

開場:12:30

・13:00~14:45

タイトル:
「空き家大量時代における住み継がれる地域・住宅地経営を考える」-空き家・空き地を地域資産とする新しい取り組みと課題―
*自治体担当者向け講座
-自治体マイナス入札制度解説-

講師:松本 昭 (地域創生アドバイザー・一般社団法人チームまちづくり専務理事)

・15:00~17:00

タイトル:「建築の価値を上げるためには?」不動産としての敷地・リノベによるポジティブ化

講師:連健夫(建築家・日本建築まちづくり適正支援機構代表理事)

概要:空き屋空き地の読み取り、捉え方によって、マイナス不動産が価値を生むことは可能です。不動産としての敷地の可能性、既存建物の弱点の解決と良い部分を活かすリノベーションによるポジティブ化、用途やプログラムの可能性について、事例を含めて解説します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講習会二日目:2019年11月3日(日)

開場:9:30

・10:00~16:00

小論文:16:00~17:00

講師:田中裕治(一般社団法人全国空き家流通促進機構代表理事)
   松田信吉

レジメ:https://akiyakikou.com/wp/wp-content/uploads/2019/05/190509-2.pdf